自転車購入安心ガイド

 

自転車から眺める風景は心に焼きつきます。 さあ、今年は自転車に乗ろう!

森の中の自転車親子

 

実はこの間、このホームページを見て自転車に乗り始めた、という人からとても嬉しいメールを貰ったのじゃ。読んで見るとこのホームページを見てくれている他の人にも役立つんじゃないか?と思える内容だったので、紹介させてくれと頼んでみたら、そのまま載せられるのは恥ずかしいから、一部を書き変えたり箇条書きにしてくれと言われてしもうた・・・。
貰ったメールそのままではないので、ちょっと変で読みにくいかも知れんが、まぁ一つ読んで参考にしてみて欲しいのじゃ。
 
 
  私(45歳、会社員)ずっとクルマに乗っていましたが、健康のため自転車に乗って1年。何となく始まった自転車生活が思いがけず日々の生活や体調、感性までも大きく変えてしまった。自転車に乗るのは子供の時以来・・・子供時代に戻ったような懐かしくそして新鮮、体調もすこぶる良好。 これは良いと思い、この1年で私なりに感じた、初心者の自転車安心ガイドを作ってみました。
  1. サイクルショップに行ってみよう♪
    自転車が欲しいと思ったら、まずショップに行ってみましょう。
    どんな自転車があるのか?ブランドは?予算は?スタッフに相談してみましょう。
    まずは、お近くの気軽に立ち寄れるショップへ。私もいろいろ相談にのってもらいました。 自転車の購入は的確な対応をしてくれる、信頼できるショップを選ぶことが大切なポイントです。
    ※ショップによっては取り扱いブランドが異なる場合があります。

     
  2. 自分のベストバイクを見つけよう♪
    インターネット、カタログ、友人の話を参考に 気になる自転車をチェックしょう。サイズやカラーのことなど迷った時は気軽にショップに相談しよう。
    自分の体に合った自転車を選ぶことは大切なポイントです。 自分の自転車が決まったら、早速オーダーしましょう。さあ、あなたのサイクルライフのスタートです♪
    納車時、ショップは最終調整をしてくれます。自転車は乗る人の体に合うよう微調整が大事です。 それに乗り方指導等点検のアドバイスもしてくれます。
    ※時期、ブランド、サイズ、カラーによっては売り切れの場合もあるようなので気をつけましよう。


  3. 納車後もショップへいこう♪
    自転車は買ったらそれで終わりというモノではありません。
    定期点検や調整・修理また用品の購入など、むしろ購入後の方が大事なのです。
    購入後もケアしてくれるショップに行きましょう。乗り始めて1ケ月の初期点検に!
     

  4. インターネット購入の際はご注意を♪
    ウェブサイト上でボタンひとつで購入できる便利さが売りですが、注意も必要!
    安全に乗る為には、直接説明を受けて購入する方が良いと思われます。
    ○ ショップでは責任を持てないため、修理をお断りされることもあるようです。
    ○ 対面販売ではないので、納車後の調整(ハンドル、ブレーキ変速機等)を
       お断りされることもあるようです。
    ○ クレームやメンテナンスは自己責任、自己負担になるようです。
     
 
   
 


 

 

以上、個人情報保護の点から、メールそのまんまというワケにはいかんが、参考になったじゃろうか? これから自転車を買おうか、とか自転車屋に行こうとしている人の為に成れば幸いじゃのう♪ショップに行って自転車にまたがる時は、スタッフにひと声かけるとか、マナーにもちょっとだけ気をつけるんじゃぞ? そうすればお店の人も気を遣ってくれて、お互いにもっと楽しくなれるんじゃ♪

これからも時々、嬉しいメールやお手紙が届いたら、こうやってご本人と確認を取りながら紹介していきたいと思っているんで、 宜しくお願いしますぞ♪


Copyright (C) 2003 北海道自転車軽自動車商業協同組合 / All Rights Reserved.